若松伝承三百年

若松伝承三百年

 

若松酒造株式会社は、令和元年に創業300周年を迎えました。

若松酒造は、享保4年(1719年)に「湊の酒屋」という屋号で初代若松弥右衛門が創業いたしました。参勤交代の第一宿場町として栄えた市来の町(現在のいちき串木野市)で、人々の日々の疲れを癒す酒として日常生活に溶け込み、愛されてきました。現在は「薩摩一」「薩州麦」などの本格焼酎を全国に展開し、幅広い世代のお客様にご愛飲いただいています。

創業300周年を記念して、「若松検定」を実施し、正解された方の中から抽選で、本格芋焼酎「湊の酒屋 わか松復刻版」を限定30名様にプレゼントいたします。代表銘柄である本格芋焼酎「わか松」を昭和初期当時のラベルデザインで復刻版として再現し、九州限定で2010年に数量限定発売したもので、現在では希少価値の高い銘柄となっています。是非「若松検定」に挑戦していただき、若松酒造300年の歩みに触れていただければと思います。

実施期間: 2019年8月23日(金) – 12月31日(火)

 

*本格芋焼酎 長期甕貯蔵「わか松 復刻版」
さつまいもの華やかな香りの中に、甕熟成特有の薩摩の大地を彷彿とさせる重厚感が絶妙に調和した本格芋焼酎。フワッと舌を包み込み、ゆっくりと口中に広がるやわらかな甘味が印象的。優しい香りと味わいは、熟成を重ねた13年という時と共に穏やかな余韻を残す。グラスにひとつ浮かべた大きな氷が溶けると、さらに香りが立つ。時代を越え、人々の想いに寄り添ってきた逸品。

 

若松酒造では、未成年の飲酒及び飲酒運転の撲滅運動に取り組んでいます。
COPYRIGHT WAKAMATSUSYUZO CO.,LTD All Rights Reserved.